July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

さいたま市代表の日通さん。

さいたま市代表の日通さん。

団長も力がこもる。

試合開始前から並ぶと熱中症になるので2回頃に到着。

いきなり5点も入っているのだ。

3回以降は落ち着いてしまってお互い点が入らず。

投手戦というわけじゃなく、お互いにチャンスをつぶす展開。

ピッチャーの球数だけ増える。

最後は生田目投手に締めてもらう。

直球のスピードも140km代と安定している。数年前の明治神宮大会の準優勝投手なのだ。

何とか勝ちをおさめる。ヒット数と得点のバランスが微妙。

相手からするとストレスの溜まる負け方。

次回はスッキリ行こう。

 

熱闘都市対抗野球2017

戦いは熱いがドームは涼しいのだ。

先週の高校野球観戦で撃沈したので快適に観戦。

パナソニックVS三菱自動車岡崎

白熱した投手戦だったが、パナソニックが1点差で逃げ切る。

応援グッズのタオルがよかったぞ。

仕事に使うのだ。

2試合目はきらやか銀行VS本田鈴鹿。

きらやか銀行の応援団はモロ慶應義塾なのだ。

プロの仕業なのでまとまりが非常に良い。ここまでアウトソーシングするのもどうかと思うが。

たまたま山形出身の会社の人と会ったが、残念ながら山形市は敗退なのだ。

最後の試合は西部ガスVS東京ガス。

ガス屋対決なのだ。三菱自動車九州が負けてしまったので、西部ガスにかかっているのだ。

しかし、2:0で負けているところで退散。

 

 

避暑地のはずが・・・

江戸からはるばる、北海道の室蘭へ・・・

クソ暑い江戸から、涼しいはずの北海道へ来てみたが、そんなことはなかった・・・

今回の目的は廃棄物処分場の見学。

なかなか大変な作業のようです。

東室蘭駅で解散。

カレーラーメンが有名らしいが、これだけ暑いのでちょと・・・

電車遅れるは、飛行機遅れるわ、最後の高速バスも低速バスになったりして交通手段にはヤラれたわ・・・

 

 

熱闘甲子園の予選(埼玉)

今年もこの季節がやってきたのだ。

神宮ではなく、埼玉かつ1回戦。

和光VS朝霞西。

我が母校でもなんでもないが、どっちも頑張れ。

今日は、今日も激暑で、本来2試合見ようと思っていたが撃沈。

家に帰ってテレ玉の中継を観る。

 

銀座で仕事ばい。

ここ数日クソ暑い。

銀座は中国人ばっかりのような気がする。

仕事と言いつつも、この暑さはなかなかしんどい。

早く梅雨明けてくれんかなあ。

 

猛暑ばい。

京橋からスタート。

道に迷っている最中に気になるものが。

京橋って日本橋と同じくらい橋の歴史は古いんだって。

水道橋経由で西巣鴨へ。

なんだかレトロな行先表示。

江戸って、「橋」がつく地名が多いなあ。

それにしても、今日は2リットルくらい水分補給したばい。

ちなみに今日は過去最高に暑い日だったらしく。危うく熱中症になるところだった。

 

西武VSオリックス

早起きして、新宿の大黒屋へ。

お目当ての西武ドームチケット500円を目指したが、撃沈。

900円のビジターチケットというやつで妥協する。

900円の割にはいい席だ。

しかし生ぬるい空気が漂い、息苦しくなってくる。

なんちゃてドームの欠点なのだ。

外野一塁側も盛り上がり。

西武ドームは1塁側がビジターなのだ。

あまりの暑さに撃沈し、6回途中で脱走。

今日はどう考えても夏なのだ。

選挙戦終盤。

マスコミの偏重報道が甚だしいというか、都議選前に反自民のネタが多い気がするのは気のせいなのか。

国政選挙じゃないけど、悪夢の民主党政権のような落としどころは避けるべきかと思う。

駅前では憲法9条維持~とか叫んでいる政党いたけど、それ関係あるんでしょうかみたいな感じ。

併せて、おじいちゃん、おばあちゃんがビラ配っていたけど痛々しい。

新聞やテレビしか情報源がない人には正しい判断ができない選挙になる気がする。

 

『ご安全に』の由来。

安全が関わる業種の挨拶に共通するのが『ご安全に』という挨拶。

WEBで調べると昭和28年に住友金属にて始まったとあるが、貝島炭鉱では昭和12年となっている。

どっちでもよいが、安全を意識するうえでよい言葉だ・・・

立川はよかとこ。

夜間作業明けで脳死状態。

立川駅周辺は、アートな街なのだ。

街のいたるところにこういった置物?たちが。

多摩地区は、23区内よりゴミゴミしてなくいて住みやすいかもね。

南部線というやつで川崎へ飛ぶ。

打ち合わせを一発かまして帰るばい。

眠いばい。

 

12345>|next>>
pagetop