October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

朝顔市デビュー。

入谷の朝顔市にデビューなのだ。

上野から汗かきながら歩いて行ったけど、鴬谷の方が近かった。

どれか一鉢買って帰ろうと思案したものの、ウチは直射日光が当たるので、今回は回避。

上野のハードロックカフェでピットイン。

シャンシャンも観に行かねば・・・。

紫陽花。

梅雨らしく。

沖縄は梅雨明けみたいで。

江戸の紫陽花は青色が多いのは土壌のせいらしく。

ちょっとしらべてみようか。

下田まで。

朝から下田まで出張なのだ。

あすみんが赤ちゃんの時に一度だけ来たことある。

16年前位だったので、駅もだいぶ綺麗になった気がする。

下田東急ホテル。

海が美しい。晴れていればもっと美しいはず。

滞在時間約2時間。移動時間6時間。

ここは仕事で来るところではなく、プライベートで癒されに来るところなのだ。

熱闘、交流戦(東京ドーム)

会社の人からチケット貰って東京ドームの交流戦。

交流戦的には今日が開幕なのだ。

試合展開早く、着いた頃には5回。

今日は、ジャイアンツのオレンジのパジャマ?が配られているのだ。

ホークスの鷹の祭典みたいだ。

巨人的には得点効率が悪いというか、ソロホームランがいくつか出てる程度。

最近、スター選手も居ない感じがするのもあって停滞気味?

うんろうかい。

あすみんの運動会は、毎年体育館で開催されるのだ。

女の子らしく、ダンスとかの競技?が多い。

今年は観にいけなかったけど、ママしゃんの撮影。

四十九日法要。

4月7日に母が亡くなって、四十九日の法要。

父の時と同様に飯塚のお寺へ。

無事に納骨も済ませ、ほっと一息。

返礼品を送付するとひと段落。

親族で昼食をとってから解散。

普段関わりの薄い、親戚やご近所さんの暖かさを知る。

ご無沙汰するのはあまりよくない。

薮塚。

仕事で群馬の太田へ。美しい花壇をみるとちょっと切なくなる。

りょうもうに乗って江戸に戻る。

立教VS慶応。熱闘六大学野球。

天気もいいので、神宮まで六大学野球を観に行く。

今日から銀座線が止まっているので、北参道で降りて歩いていく。

立教の先発は安定の田中投手。

ヒット数と得点がほぼ一緒の立教主導でゲームは進んでいく。

最終回のみ継投ミス?かでちょっと怪しい雰囲気になる。

明日も勝てば、優勝も見えてくるかもしれない・・・

博多どんたく2018。

約45年ぶりくらいの「博多どんたく」。

亡くなった母も、どんたくは大体雨降るもんねとよく言っていたものの、今年は「晴れ」

天神のアクロス前あたりで鑑賞。

以前は、まだ市内電車が通っていた頃に親に連れられて行った記憶しかなく、そう考えるとやはり45年くらいは立っているのだ。

ホークス隊も、チームは千葉マリンで戦っていますが、内川は2000本安打達成できるのかなあ。

水鏡神社でお参り。

昔も、前を通ることは度々あったが、お参りするのは実は初めて。

菅原道真を祀っているらしく。

灯台下暗し。

巨大な鯉が泳いでいる。

彼らは何を食べているのか??

福岡市役所前の「ふれあい広場」

ここがメインのステージなのかなあ。

ブラスバンドの演奏に見入ってしまう。

大通りは久留米の城島町のどんたく隊。

地下に潜って、天神地下街。

薄暗さが微妙だけど、昭和50年代からある地下街としては独特の雰囲気あって結構好きなのだ。

懐かしの天神共配。仕事柄昔関わっていたけど、週末は大変お世話になっていたのだ。よく戦っていたけど。

地下鉄に乗って家に帰る。

貝塚駅の告知。

津屋崎まで行かなくなって、ちょっと寂しいね。

善道寺。

母の葬儀で坊さんに勧められた、久留米の善道寺。

京都の知恩院が浄土宗の本社とすれば、九州支店のようなものか。

本堂も江戸時代の建屋らしく珍しいとのこと。

御朱印を頂いて、お坊さんと建物の歴史などを教えてもらい勉強になった。

ここのお坊さんはすれ違う人に気持ちの良い挨拶が徹底されている。

なかなかありそうでないね。

水天宮へ移動。江戸にも水天宮はあるが、久留米のここが本社なのだ。

安産の神様というのもあり、赤ちゃん連れが多い。

隣の梅林寺に行こうとするが駐車場がわからず、河川敷に降りてしまうが、心地よい風で気持ちいい。

梅林寺。いまいちどこにお参りすべきか要領がつかめず。

一見さんには入りづらい感じがした。

久留米自体10年以上行ってない気がする。帰り道も頭の中で道がつながらず大変なことに。

 

<<back|<123456>|next>>
pagetop