May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

通夜。

昨日に母亡くなる。

状況はだいぶ前に聞いていたので特に驚いたり取り乱したりはしない。

とは言っても悲しい。

喪主を務めるので滞りなく粛々と実行するのみ。

写真が実物と若干異なる気もするが。

お気に入りの毛糸の帽子と木彫りの作品、ラジオを飾る。

棺の蓋にメッセージ。

友人の参加が比較的多いのが母の人柄だったのか。

吉野家1号店。

念願の吉野家1号店。

場外市場と思って探していた時期あったけど、場内だったのだ。

一般店との違いは、営業時間が違う、呼び込みのおばちゃんがいる、やたら狭い。くらいか。

ミッションクリア。

昼時が人気店はすごい行列。

食べ納めなのか。

早朝は凄い活気なんでしょうね。

日の出が遅い。

早起きして三苫海岸。

6時半でもこんなに真っ暗。

南へ行くほど日の出は遅いのかな?

江戸と朝は1時間くらい時差があるように感じる。

帰り道の何気ない風景。

目線を変えるだけでアートに見えてしまうのが一眼レフの不思議。

たまたま、見舞いに行った際に香椎のばあばあと鉢合わせになったので送る。

わかる人にはわかる「まえみせ」。自販機がないだけで昔の面影まったくなし。

今日は飛行機で江戸に戻る。

モヤモヤしながら・・・

新宮の漁港とか。

福岡は快晴。

後ろ向きな病院の下見の帰り。

埋立地はかなり発展してますね。

我が母校。中学時代は部活もやらされ感ムンムンであまり楽しかった記憶はないなあ。

学校の周り10周とか走らされた苦しい思いでしかない。

新宮の港にネコしゃん。

野良っぽいけど癒される。

時間があれば、相島に渡りたい・・・

そんな時間あるわけないし・・・

弱っているときは靖国神社へ。

早起きして、靖国神社へ参拝。

通勤途中にあるので、30分早く出れば気分転換にもなるのだ。

東京の開花宣言にもなる標本木は靖国神社にあるのだ。

現時点ではまだ蕾も小さい。

神社を出るころには子供たちの登校時間。

運動不足もあるので、この習慣をしばらく続けていこう。

三苫海岸。

なかなかスッキリしな気分を癒すには三苫海岸。

波の音を聞くだけでも何となく気が晴れる。

春から夏にかけてのこの海岸はサイコーなのだ。

飛行機雲。

ずっと眺めていると後ろにぶっ倒れそうになる。

綿津見神社にお参りして江戸に戻るばい。

飛行機は飽きてきたので新幹線で江戸に戻る。

九州新幹線というやつを初めて生で見たばい。

5時間くらいかかるが、足も延ばせて、席も広いので飛行機よりいいかもしれない。

綿津見神社。

今朝は早起きして綿津見神社。

博多は夜が明けるのが遅い気がする。

六時半でも月がまだこんな位置。

三苫海岸は何時来ても癒される。

波の音がいいのかなあ。

神社にお参りして帰る。

とげぬき地蔵。

母親の体調悪く、神頼みもかねて「とげぬき地蔵」

平日の昼間なので、そんなに人は多くない。

洗い観音様で、自分の悪いところを洗うと治るとのことだが、母親の悪いところを洗って拭いて願掛け。

帰りに、「身代わり」というお守りを購入して、母へ届けることとした。

我が母校。

卒業して、30年も経つと変わって当然。

昔なかった大きな門が。

部活のOB会じゃないけど、OB主催の第一回定期戦。

江戸に居るのでなかなか関われないけど、諸事情あって飛び入り参加。

部室やグラウンドは昔のまま。(当たり前)

香椎の街並み。

高校時代の最寄り駅、西鉄香椎。

再開発の影響で全く面影なし。

千石焼きも、昔はドブ川の横にあったけど、駅前に移転。

おやじはそのまま。

みゆき通り。

昔は、所狭しと商店がたくさんあって、通りの先は見通せなかったが、今はスカスカ。

昭和の街並みが好きだったけど、時代の流れか・・・

<<back|<123456>|next>>
pagetop