July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

またまた群馬。

今日は18きっぷじゃなくて、仕事で群馬。

なので、新幹線なのだ。

間違って、仙台や青森に行かぬよう気を付ける。

上野駅は田舎くさいところが好きなのだ。

高崎まで一撃で着く。

鈍行じゃないので当たり前だが。

足尾銅山鉱毒事件。

18きっぷも今日で最後のスタンプなのだ。

早起きして足尾銅山。

桐生から「わたらせ渓谷鐡道」ほぼ貸し切り状態で通洞駅へ。

駅降りて徒歩10分程度で足尾銅山。

ここも貸し切り状態かと思ったが、トロッコ列車待ちに4名いた。

トロッコ列車に乗って坑道へ。

観光用なのか、当時のものなのかは不明だが、やたら天井低い。

ここが入り口。

300mくらい下って降ろされる。この写真は外向け。

展示物は年季入っててちょっと怖い。

衣服も経年劣化と思われるので着替えさせた方がよいと思う。

坑道内の見学を終えると、別に展示館がある。

展示館を出ても、当時の作業風景の展示が。

「銅もありがとう。また銅ぞ」だって。

世界遺産登録を目指しているらしいが、公害問題も解決してない雰囲気なのでどうなんだろうか?

 

 

半出来温泉。

江戸ではあまり見ない電車に乗って群馬の山奥の温泉を目指すのだ。

18きっぷも4個目のスタンプなのだ。

高崎から吾妻線に乗り換えて、袋倉で降りる。

獣道の案内に従って進んでいく。

うっすら雪が残っているが、近隣はスキー場あったりするので、雪深いのを想像してて、ちょっと残念かも。

つり橋を渡るのだ。不安定でドキドキするのだ。

真下には川が流れていて綺麗なのだ。

案内通り徒歩8分で到着なのだ。

内湯はこんな感じ。貸し切り状態だったのだ。

露天風呂は景色は美しいものの、お湯がぬるかったのだ。

現地滞在60分で江戸に戻るのだ。

石和温泉。

18きっぷの消化で山梨の石和温泉へ。

毎回、買うときだけギラギラしてるわりに入手してから後悔気味。

行くところが無くなってきているからなのだ。

駅前の慶山という温泉旅館へ。

温泉という名の駅だったのでてっきり風情のあるところかと思っていたが、駅前にイオンがあったりしてちょっと拍子抜けなのだ。

いさわばしに、笛吹市の由来が。

昔話から来た地名らしく。

石和温泉は甲府に来るときに停車駅だったので気になっていたけど、今日ですっきりしたのだ。

初売りの人たち。

池袋では開店前から長蛇の列。

福袋狙いなのか?

安くてもいらないものがついてくることを考えると、必ずしもお得とは言えないと思うのだが。

なので並んでいる人は女性が多いのかなあ。

宝くじと一緒なのだ。

熱闘箱根駅伝。

お正月の風物詩。

箱根駅伝なのだ。読売新聞社前のスタート地点。

法政大学の応援団。

野球と違っても熱はこもる。

今年はどこが勝つのか?

あけおめことよろ。

初詣は原宿へ向かう。

明治神宮と見せかけて「東郷神社」へ

福岡にも東郷神社あるけど、仲間なのかな。

今年も良い一年になりますように。

ゆく年くる年。

今年は仕事でもいろいろなことがあったなあ。

ポリ塩化処理に特化して一人プロジェクトX状態に始まり。

プライベートでは18きっぷでいろんなところに行ったばい。

景色マニアだったのだ。

神社・仏閣めぐりにもたくさん行ったばい。

来年は家族共々健康で過ごせることを祈りつつ。

と書きながらも自分は昨日から風邪気味でダウン中。

 

貝塚線と櫛田神社。

西鉄貝塚線。

新宮折り返しになって、違和感が。

宮地嶽線の時がよかった。

キャナルシティ〜櫛田神社によって江戸に帰るばい。

次は2月かな?

不老水。

香椎宮の不老水。

実は香椎宮とはちょっと離れているのだ。

神の恵みに感謝してコップ一杯。

ペットボトルに入れて持って帰るのは反則なのだ。

高校の時は近くを走ってた気がするが、ここにくるのは実はまだ2回目。

香椎宮も先日の宇佐神宮と同様、勅祭社なのだ。

<<back|<123456789>|next>>
pagetop